新着順:136/2705 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

スポロレの近年の高騰ぶり

 投稿者:ロレ紳士  投稿日:2019年 8月12日(月)18時17分2秒
  通報
  デイトナを始めとして、いわゆるスポロレの超高騰ぶりに辟易する。どうしてこうも毎年値上がりするのか。特にデイトナなどは新規物が発売され2,3年もすれば落ち着くとみていたが、全然訳が違った。ロレックスといえど、1本の機械式時計に250万以上の金を出せるか。いや、出せる人は買うのであろう。いざとなればリセールバリューも破格な値段になるからだ。これが資産価値と痛感させられる。日本製の国産ではまず絶対に有り得ない現象であると思う。
今後どこまで値上げが続くか。しかも日本は増税が10月に迫っている。しかし、今更デイトナを欲しても自分には購入は不可能だ。自分の稼ぎを上げて社会的地位を上げ、可処分所得が豊かなステイタスを得て初めて購入できるものだからだ。
最近思うが、ロレックスは欲しいが、そんな金があるなら貯蓄したほうがいいなと達観し始めた。ファンの諸兄は、どう考えておられるのであろうか。
これからの日本は増税、年金減額、支給先送り、保険料増額で、生活苦になるのは間違いないだろう。そんな時、唯一無二のロレックスが自分の生活苦をいずれ救ってくれるのなら安い投資であろうか。悩む。世界的にみていずれ大きく値崩れするのか、まだまだうなぎ登りか、不確実性の世界経済、日本経済状況に、ふとロレックスに希望的資産価値を見出してみた。
 
》記事一覧表示

新着順:136/2705 《前のページ | 次のページ》
/2705