teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


時間よ、とまれ

 投稿者:能登おじさん  投稿日:2008年 5月20日(火)06時57分11秒
返信・引用
  > No.29[元記事へ]

プップクプーさんへのお返事です。

 一年生の集いはほんとうに楽しそうでした。友だちというものは、
こんなにも子どもを輝かすものなのか、それを見ているとこっちも
なにかとても幸せな思いが満ちてくるのでした。このまま時間がと
まればいいのに、と思いましたが、2時間は容赦もなく過ぎて行き
ました。

 アカバナユウゲショウの花を「お母さんの好きな花」と言ったの
はマイ違いなくあなたのお嬢さんです。(ほかにその話題をともに
下子はいなかったので)。
 美しいものを美しいと感じ取れる力は、自然に備わるものではな
くて、喜びを共感する体験の中で育つのかもしれません。プップク
プーさんの素敵な母子関係をほほえましく読ませていただきました。

 健康に気をつけて長生きしたいです。この子たちがどんな大人に
育っていくのか見届けたいですね。たぶん6年生の集いくらいまで
は元気かな? どうかな?
 そのの古い園舎が新しくなるまでは頑張りたいと思っています。
プップクプーさんも二度とは体験できない子育ての楽しさを満喫し
ながら心豊かに生きてください。
 
 

アカバナユウゲショウ好きの母です。

 投稿者:プップクプー  投稿日:2008年 5月19日(月)09時25分11秒
返信・引用
  先日の1年生の集い、ありがとうございました。
なんとかお天気がもってくれて良かったですね。
帰宅してから娘が嬉しそうに、1年生の集いでの出来事を話してくれました。
大好きな先生たち、メリーちゃんや土手の散歩、園長先生に作ってもらった笹舟、
お花摘みのお土産、etc・・・。
おやつのドーナツのおかわりが、在園の時には小さく切ってあったのに、
集いの時には一個の半分の大きさだったとか。
興奮気味に教えてくれました。さすが食いしん坊(笑)。
待ちに待った1年生の集いだっただけに、ものすごく上機嫌で、
幸せそうな顔をしていました。

昨夜そろそろHPに当日の模様が出てるかな、と思い覗いてみたら、
能登さんの保育日誌に笹舟に乗せたアカバナユウゲショウのエピソードがありました。
「うちのお母さんこの花大好きなんだよ」って言った女の子、
これはうちの娘じゃないかしら・・・、って思ったんです。
今朝、娘に「能登さんと笹舟に花を乗せて遊んだ?
お母さんの好きな花だって、お話した?」と聞いてみたら、
やはりそうだと言っていました。
(他にもそういう子がいたかもしれませんが・・・。)

住まいの近くの敷地にちらほら咲いていて、名前も良く知らなかったけれど
あの可憐な花が好きで、娘によく話していました。
在園のときも、散歩で見つけると「お母さんこの花大好きなんだよね♪」と、
よく摘んできてくれました。
今でも道で見つけると、必ずといっていいほど「お母さんの好きな花♪」と、
足を止めて教えてくれます。

いつだったか能登さんの切り絵展で拝見した額を見て、花の名前を知りました。
その時、娘とも「こういう名前なんだね」って話したのを思い出しました。

保育日誌を読ませていただきながら、在園の頃、嬉しそうに花のお土産を
持ち帰ってきてくれた時の、やさしい娘の顔が浮かびました。
草花や土に触れ、木に登って景色を眺め、風を切って友達と走り回り、
満面の笑みで大声で笑う。
娘は小学生になったとはいっても、自然の中で友達と遊んでいるときが一番輝いています。
彼女の輝きがいつまでも続くように、見守っていきたいと思います。

1年生の集いが終わったばかりですが、娘はもう6年生の集いを楽しみにしているようです。
どんな6年生に成長しているのか、ドキドキわくわく。
その時また、能登さんとの散歩の様子を娘から聞くのが楽しみです。
くれぐれもお体ご自愛なさって、いつまでもお元気でいらしてください。
 

息子さん、娘さんに伝えます

 投稿者:能登おじさん  投稿日:2008年 4月11日(金)08時02分13秒
返信・引用
  > No.26[元記事へ]

さくらもちさんへのお返事です。

 今夜はお通夜、明日の朝は告別式。一つのセレモニーが人と人との
結びつきにくさびを打ち込んでいくのでしょうか。
 年老いては惜別の思いはひとしお重く、わが身を振り返らずにはい
られません。

 あなたの言葉は、息子さん、娘さんに確かにお届けします。
 

入学おめでとうございます

 投稿者:能登おじさん  投稿日:2008年 4月11日(金)07時53分50秒
返信・引用
  > No.25[元記事へ]

プップクプーさんへのお返事です。

 しっかりと第一歩を記された由、うれしいです。素直な今の姿を
持ち続けて成長されるよう祈ります。

 それというのも、周りには子ども同士の明るい遊びは乏しく、寄れば
ゲーム、早くから携帯電話をほしがり、初めの約束は守れずメール遊び
に明け暮れる毎日…そういう環境の中で、今の子供たちはどこまで学習
や真の友情にうち込めるのか心配です。子育ての難しい時代ですね。

 いかなる場合にも、自由闊達な家庭環境、穏やかな親子関係の中でこそ
子どもの知性が育つことを忘れず、そのっ子の可能性を信じて、やさしく
見守ってあげて下さいね。
 

戸谷さん、尊敬してました

 投稿者:さくらもち  投稿日:2008年 4月10日(木)17時41分59秒
返信・引用
  今日の保育日誌は、涙でよく読めませんでした。

あのキラキラした歓声に包まれた式の後の突然の訃報。
そして15年間分の能登さんのお気持ちは、私には想像できません。
残念で残念で、そして戸谷さんへの感謝の気持ちが深まるばかりです。

私がおいしそうなにおいにつられて給食室の窓を覗くと、
そこには必ず戸谷さんのお姿が。
どんなに暑い真夏の日でも、きちんとお化粧して、
湯気の向こうで背筋を伸ばし、
てきぱき働いていらっしゃいました。
本当に本当に美しいお姿でした。

いつも年齢や環境のせいにしているぐうたらな私には、見習うべき先輩で、
お話したこともないけれど、とても大きな存在だったんです。
給食室にいるのが、あまりにも当たり前だったので、
この悲しいお知らせを聞いて気がつきました。

そのを卒園されたお子さん方は、
お母様のそのでのお姿はあまりご存知なかったかもしれません。
一父兄の想いではありますが、お話いただけると幸いです。

とうもろこしの皮むきの版画、
目を輝かせて向いている子どもの姿がいいですね。
もし、次回作のご予定があるのなら、
是非、給食室前の子ども達と笑顔の戸谷さんの作品をお願いしたいと思います。
 

祝電に感動!

 投稿者:プップクプー  投稿日:2008年 4月 8日(火)22時17分19秒
返信・引用
  先月娘が卒園し、今日入学式に行ってまいりました。
噂には聞いていましたが、そのからの祝電は、そのらしい、能登さんらしい、親子共々背中を押してくださるような感動的なものでした。
思わずまた目頭が熱くなってしまいました。
ありがとうございました。

今日まで一人娘でもあり、そのを離れる寂しさも手伝って、小学校への不安を感じておりました。
でも娘は終始ニコニコと楽しそうで、早速新しいお友達とおしゃべりしたり、先生に対してもはきはきと返事をする様を見て、子どもの逞しさ・成長振りを感じました。
食いしん坊で、いつもなら昼前にはガス欠状態になりご機嫌斜めぎみになるはずですが、12:30近くまでの日程を笑顔でこなしてくれました。

小学校はまだ始まったばかりですが、そので積み重ねた宝物がきっとこの先も娘の力になってくれる、そんな実感を持てた1日でした。

「君たちは太陽のように輝いて走れ。」
この言葉も宝物にして、親子共々毎日を楽しんで行きたいと思います。

そのでの貴重な3年間、ありがとうございました。
これからもHPやイベントなど遊びに伺いますので、そのっ子パワーを分けてくださいね。
 

卒園おめでとうございます

 投稿者:能登おじさん  投稿日:2008年 3月24日(月)08時11分59秒
返信・引用
  > No.23[元記事へ]

Rママさんへのお返事です。

 Rくんのお母さん。卒園おめでとうございます。こちらこそ3年間、お世話に
なりました。みなさんの熱い思いに支えられて、今年も大過なく子供たちを送り
出すことができて、いま一番穏やかな気持ちで、幸せをかみしめています。
 R君は少し幼いかなと思うところがあって、「あれ、いまふざけてる場合じゃ
ないだろう」なんてこともありましたが、明るくて、かわいい子でした。別れを
惜しんで、あんなに泣けるなんて、ある意味、成熟した感情に感動しました。そ
のの子らしく、人を信じて生きる力がしっかり育っているんですね。
 就学後もいい友達、いい先生に恵まれることを祈っています。
 記念の写真は、理事さんが撮ってくださったものですが、後日お送りします。
 

お世話になりました

 投稿者:Rママ  投稿日:2008年 3月22日(土)00時59分20秒
返信・引用
  20日雨の中での卒園式でしたがそのらしい素敵な式を有り難う御座いました。
また素敵な言葉の保育証書で感激してしまいました。
息子はキャンセル待ちで入園したものですからスライドを見ながら本当にそのに入園できて良かったとつくづく思い沢山の経験をさせてくれ感謝の気持で一杯です。
先生方やお友達にも恵まれ親子共々思いっきり楽しめた3年間だったのであっという間でもう卒園?って感じです。。。
ちなみにそののHPにもこちらにも使って頂いてる先生と抱き合って泣いているのが息子です(汗)
式では頑張っていた息子ですが教室へ戻り本当に先生やみんなとの最後の「さよなら」の言葉で我慢しきれず泣いてしまったようです。。。
そんな息子につられ私も涙してしまったものですからあのシーンを写真に撮り損ねてしまい勝手言って恐縮ですが写真を購入することは可能でしょうか?

2年後に下の子が入園するまでしばらくそのとはお別れですが
また能登さんの素敵なお話を聞ける事を楽しみにしていますので
くれぐれもお体をご自愛しお元気でお過ごし下さい。

本当に3年間親子共々お世話になりありがとう御座いました。

http://plaza.rakuten.co.jp/saskuwatalove/

 

そのパワー送ります

 投稿者:そのホームページ委員  投稿日:2008年 2月17日(日)07時41分26秒
返信・引用
  大泉の母さんへ>
南アフリカ共和国へのご転居、色々と大変かと思います。
がんばって下さい。
そののHPを見て頂くことで、そのパワーを受取って頂けるのでしたら、
一人の担当者としても素直に嬉しく思います。
HP更新にも張り合いが出てきます。
能登おじさんを中心に、これからもがんばらせて頂きたいと思います。
宜しくお願い致します。

南アフリカは、現在、大きく変貌を遂げ続けている国なのでしょうか。
次回のサッカー・ワールドカップ開催国でもあり、国全体に熱気が溢れているのでしょうね。


能登さんへ>
能登おじさんの掲示板上から、大泉の母さんへメッセージを
送らせていただく事、ご容赦下さい。
文面から、多分、娘と同じクラスのお子さんだと思い、
書き込みをさせて頂きました。
 

遠い国でもいまは間近に

 投稿者:能登おじさん  投稿日:2008年 2月15日(金)21時03分27秒
返信・引用
  > No.19[元記事へ]

大泉の母さんへのお返事です。

 南アフリカとはまた遠いですね。でも、いつかは行ってみたいと思っていた
国のひとつです。アパルトヘイトを乗り越えて人種差別を撤廃した国だけど、
制度は変わっても人々の意識や日常生活ではまだまだ問題が多いのではないか。
しかし、そうした改革をやり遂げたエネルギーを目の当たりに見てみたいと、
常々思っていました。
 でも仕事での赴任、それに伴っての移住では、あまりにも遠く、ご不安もわ
かります。子供は案外スムーズに慣れ親しむとは思いますが。新しい天地を、
親子ともども稀有なチャンスとして堪能してきて下さいね。
 ネットを生かせば、どんなに遠くても身近です。ホームページへも時には書
き込みをして様子を知らせてください。
 ご出発前に一度「その」に来てくださいね。
 

レンタル掲示板
/9