teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


レオポルト

 投稿者:好事家  投稿日:2019年 2月 5日(火)01時25分8秒
  今年はボルフガンク アマデウス モーツアルトの父レオポルト モーツアルト(1719.11.14-1787.5.28)の生誕300年。
1月20日、寝屋川アルカスホールで、大阪モーツアルトアンサンブルの演奏でモーツアルト交響曲第2番(実は父レオポルトの作品)や交響曲田舎の結婚式というレオポルトの作品の演奏がありました。
残念ながらそれ以外の周年行事は低調。
 
 

260回目の誕生日

 投稿者:リタ  投稿日:2016年 1月27日(水)18時12分42秒
  今日は誕生日なので、久々にこちらへ来てみました。
お久しぶりです。

私も、K.642a の前奏曲は聴いたことがありません。
you tube で検索して、見つけることができました。

ミスタッチの目立つ演奏ですが、それだけに難しい曲のようですね。
聴いたことのある方、あるいは弾いたことのある方、
いらっしゃいますか?
又、この動画のタイトルに書いてあるModulating とはここでは
どういう意味なのでしょうか。 調性を変えて弾いているということ?

https://www.youtube.com/watch?v=2abZwG4yoGY
 

K624a

 投稿者:好事家  投稿日:2015年12月12日(土)17時39分43秒
  南アフリカ出身、家系はオランダ系のKRISTIAN BEZUIDENHOUT(1979年生まれ)のMOZART ONLYのPIANO演奏会が本日、阪急西宮北口の兵庫県立芸術文化センターで有った。

曲目はピアノソナタ第7番K309、第11番K331、第16番K545、ピアノ組曲K399、幻想曲K475、アダージョK540、小品K33、それに前奏曲K624a。

この前奏曲は生まれて初めて聴く(現在64歳3ヶ月)。

さあ、これからCD探し!
 

qqq

 投稿者:aaa  投稿日:2014年10月31日(金)19時44分21秒
  aaa  

「クラシック音楽映画名作選」特集上映のお知らせ

 投稿者:樂画会(がくがかい)  投稿日:2014年 6月23日(月)15時21分0秒
  突然の書き込み失礼致します。樂画会(がくがかい)と申します。

名作音楽映画の特集上映イベントが6月末から始まります!

「クラシック音楽映画名作選」
2014年6月28日(土) ~7月28日(金)
東京都写真美術館ホール(恵比寿ガーデンプレイス内)

◎モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、シュトラウス二世、ショパン、シューマン夫妻、ガーシュイン・・・。
大作曲家の名前を日本でもポピュラーにした伝説的な名作から、ハリウッドの大スターが出演した傑作、知られざる佳作、オーケストラ物の基本形となった大ヒット作まで、伝記映画を中心にクラシカルな音楽映画の珠玉の名作を上映!

◎上映9作品 ※製作年順
「未完成交響楽」
「別れの曲」
「オーケストラの少女」
「グレート・ワルツ」
「モーツァルトの恋」
「アメリカ交響楽 ラプソディ・イン・ブルー」
「愛の調べ」
「エロイカ」
「未完成交響曲 シューベルトの恋」

◎作品詳細・上映スケジュール・入場料など詳細は
下記ホームページをご覧ください。
http://gakugakai.com/gakugakai2014/ongakueiga.html

皆様でお誘いあわせのうえ、ご鑑賞いただければ幸いです。

◎お問い合わせ先
主催:樂画会(がくがかい)
TEL 03-3498-2508(平日9時半~17時半)

※管理ご担当者様、貴掲示板にそぐわないとご判断の場合は削除下さい。

http://gakugakai.com/gakugakai2014/ongakueiga.html

 

村上春樹の小説について

 投稿者:Hilo  投稿日:2014年 6月21日(土)01時54分34秒
   ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 、
〈第2部)予言する鳥篇、そして第3部 鳥刺し男編
有名なクラッシク名曲からとっている副題。
 ストーリーは結構面白く、性の描写はリアルで、ある種
”ピュア”で読みやすく多くのケースで納得できる内容です。
たとえばベートーベンの曲をきくとなるほどベートーベン風と
いうのがわかるように、作品は村上春樹をよむと、どれも或る
種共通する人物、トーン・情調・主題展開・登場人物でそれら
はまた世界中の人々を引き付ける何かがあるのでしょう。
『ねじまき鳥クロニクル』はロッシーニ、シューマン、
モーツァルトの曲から副題をとっていて面白いです。1400ペー
ジのなかなかの長編。

http://mozartfanc.exblog.jp/

 

クラリネットの演奏はベニー・グッドマン

 投稿者:Hilo  投稿日:2014年 5月17日(土)03時08分56秒
   大阪関目のカフェ・プレリュード。
一昨日聴いたMozartのクラリネット五重奏は味わい深いものでした。
クラリネットの演奏はベニー・グッドマン。

http://mozartfanc.exblog.jp/

 

編曲

 投稿者:好事家  投稿日:2013年10月15日(火)00時29分9秒
  8月24日、神戸の室内合奏団の森左介氏が夙川教会でK478のピアノ四重奏曲を弦楽五重奏で演奏。
      素晴らしい演奏だった。

10月12日、フルーティストの上田賢一氏が吹田メイシアターでK136のディヴェルティメントをフルート四重奏曲で演奏。
      これも感動しましたね。

どちらも残念ながらCD無し。
 

秋はやっぱりモーツァルト

 投稿者:リタ  投稿日:2013年 9月13日(金)19時34分15秒
  久々に投稿いたします。
こちら北海道はようやく爽やかな季節がやってきました。
とはいえ、やはりいつもの秋のようなカラッとした気候ではありませんが・・・

今、秋の夜長、虫の声が聞こえる中、ピアノ協奏曲第25番ハ長調(K.503)
を、リチャード・グードのピアノ、ジェフリー・テイト指揮オルフェウス室内管弦楽団
の演奏で聴いています。

一般的にはあまり有名ではない曲かもしれませんが、私は昔から何故かこの曲が
気に入って、ときどきメロディがふと頭の中に流れてきては聴きたくなります。
ハ長調の持つ堂々とした力強さに加えて、流れるようなピアノの輝きは
秋の澄んだ青空のように気持を前向きにしてくれます。
もちろん、モーツァルトの音楽ですから時折太陽を隠す雲のような陰りのある
短調が顔を出し・・・・・
いいえ、やはり言葉では言い尽くせませんね、モーツァルトの音楽は!

なんて、調子に乗り、久々の投稿にもかかわらず、無鉄砲にも思うままに
書いてしまいました。

皆さんが相変わらずモーツァルトの音楽に浸っておられることを願って・・・
 

フルート四重奏曲

 投稿者:好事家  投稿日:2012年 9月12日(水)19時55分19秒
  モーツアルトのフルート四重奏曲は9月2日から9月9日までの大阪クラッシックで全曲演奏していた。
他にはピアノ四重奏曲第1番とかモテットK618。
もちろん無料。

私の取引している三菱東京UFJ銀行の店舗内BGMでもポストホルンセレナーデとオーボエ四重奏曲を演奏している。

9月1日の長岡京室内アンサンブルではデヴェルティメントK136~K138を演奏。

FMでは現在協奏交響曲K364。
 

レンタル掲示板
/129