teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


由布様へ

 投稿者:康次郎  投稿日:2017年11月20日(月)10時08分31秒
返信・引用
  コメントありがとうございます。
早いものでもう冬の装いが必要な季節になりました。
北海道でも20センチとか30センチとかの雪の便りが寄せられるようになりました。
苫小牧は幸いにも、昨日、庭の畑にうっすらと雪の顔を見せてくれましたが、
まだ秋晴れの日が続いて、わずかに秋を楽しんでいるところです。
今年はとうとう紅葉を楽しむことなく冬を迎えます。
わがルーツ、若いときは気にも留めなかったことですが、やはり血のつながりへの郷愁でしょうか。今この時期に至っては、ルーツをたどることもままなりません。
おっしゃる通り、それぞれの地で、根を下ろして生活していってほしいものと願うばかりです。
苫小牧では秋日和が続いていますが、間もなく雪・・・昨日は除雪用具などの手入れをしたところです。
冬に向かう今、どうぞ体調に気を付けてお過ごしくださいね。
 
 

物思う秋から冬へ

 投稿者:由布  投稿日:2017年11月19日(日)15時05分8秒
返信・引用
  ご無沙汰しています。
その後、体調はいかがでしょうか。
九州も一気に冬へ・・・
秋の名残りをゆっくり味わう間もなく、なんとも慌ただしいことです。

久々に康次郎さんのお部屋をノックしました。
HPの玄関を飾る一葉の紅葉、しみじみと時の移ろいを感じます。
最後のひと葉、秋の女神からの錦繍の落とし物でしょうか。
やがて、限りなくやさしく受け止める大地へと還ってゆくのでしょうね。

ルーツの記事、拝見しました。
どうしてもコメントが出来ませんので、
こちらで失礼します。

北海道と香川県、不思議なご縁を感じます。
脈々と受け継がれる一族の血筋、
遠く離れ離れになっても、そして、お互いに、それとは知らずのうちに、
人生行路を辿ってゆくのですね。
どこかで、一族の縁に繋がる人々が、暮らしている、
なんだか温もりを感じます。
まだ見ぬ誰かが、どうかすこやかに、幸せな日々を過ごせますように、
どっしりとしたルーツの大樹から広がる枝や梢が、
佳き調べを奏でますように。

 

由布さんへ

 投稿者:康次郎  投稿日:2017年 9月 4日(月)05時59分1秒
返信・引用
  コメントの入力にご苦労を掛けたようですね。
こちらにコメントいただいて誠に申し訳ありません。
ありがとうございます。
誠に手前勝手な投稿にお付き合いしていただき、申し訳なく思います。
演歌は勤めていたころは、同僚と飲む機会が多かったせいかよく歌ったものです。
歌う機会はめっきり少なくなりましたが、最近は聴いて楽しむことの方が多くなりました。
音楽は子供の頃から好きで、ピアノなど習っていたこともありました。
好きだった「月光の曲」のさびの部分くらいは自分で弾きたいとの思いから、
2、3年習いましたが、ものになりませんでした。
家にピアノがなく、大学にあったピアノを使っていましたがやはり練習が思うようにいかなかったせいもあると自ら慰めておりました。
中学時代の音楽の時間に、先生から声はバリトンだねと言われて、よく歌わされていました。
そのせいか身近な演歌を歌いはじめ、身にしみついたんでしょうね。
元来、下町育ちで、下町情緒に弱い私には演歌がぴったりかもしれません。
なんだかわけのわからない昔話になってしまいました。
こんな話にお付き合いいただき本当にありがとうございました。
ブログのコメントまでいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
 

「居酒屋演歌」

 投稿者:由布  投稿日:2017年 9月 3日(日)15時04分12秒
返信・引用
  今、最新ブログを拝見しました。
コメント入れようとしたのですが、どうしても私の言うことを聞いてくれません。
メカ音痴ゆえ、どうかこちらの掲示板に書き込むことをお許し下さいませ。
若々しく、熱い情感をお持ちの康次郎さんらしいと思ったことです。
歌うことは、心身の健康にもすごくいいことと聞きますし、
特に、演歌は、感情移入することで、更に素晴らしい効果を上げるものだと思います。
日本人の原風景、心深くの念いを豊潤に歌い上げるものではないでしょうか。
五木寛之氏や田辺聖子さんも、演歌に思い入れ篤く、とても愛していらっしゃいますよね。

以前の「路地裏演歌」と並んで、今回もとても共感出来る気がします。
身も心も解放して、心ゆくまで演歌の世界に酔える、
そんなしなやかで、若々しい感性を失いたくないなと思ったことです。
 

由布さんへ

 投稿者:康次郎  投稿日:2017年 7月 2日(日)10時07分17秒
返信・引用
  こちらにもコメントありがとうございます。
嬉しく拝見しました。
建築会社の社長とは一時期お付き合いがありましたが、
その後しばらく疎遠になっておりました。
土地を探す段になって、知人にいい建築会社があるといって紹介されたのが
旧知の社長でした。
いろいろ土地を探してくれたのですが、適当な物件もなく困惑しておりましたところ、
社長の奥さんが持っていた土地を譲ってくれました。
そのようなことで再開した社長とは、それ以来大変お世話になり、今では隣のよしみのお付き合いをしています。
本来ならこのような投稿は、何か自慢話になりそうでしたので投稿を迷い、mixiへの投稿は避けていました。ただ家への思いを残しておきたいと思い「迷想・珍想・回想」に投稿しました。私の人生の中で大切な出来事だとの思いからでした。
人生の思いを綴った「迷想・珍想・回想」は、いずれ息子や孫が読み、親の思いを知ってくれれば嬉しいことと思っています。
「迷想・珍想・回想」も立ち上げたのが2008年5月ですから約9年、プリントアウトして冊子にまとめたものも100頁ほどになりました。
まさしく迷想、珍想の回顧録ですが、こうして由布さんのお目に留まって嬉しい限りです。
mixiも始めて11年、ミク友も数えてみれば100名以上になりますが、ほとんどの方は過ぎ去っった過去の方になってしまいました。長続きしないということは寂しいですね。
由布さんとは長のお付き合いができればと思います。
これからもよろしくお願いします。


 

ステキなお住まい

 投稿者:由布  投稿日:2017年 7月 1日(土)19時35分28秒
返信・引用
  「この家に住んでもう20年」を拝見しました。
コメントを入れようと思ったのですが、どうしたらいいのか分からないので、
こちらに失礼します。

土地の購入も、建築業者さんもいい出会いがあって、
順調に進み、ほんとうによかったですね。
住まいは、奥様のご意見をよくお聴きになったことで、
きっと心地よく快適な暮しが可能になられたと思います。

康次郎さんご夫妻が、お住まいをとても大切になさって、
よく手入れ、メンテナンスをなさったので、
ご子息さまに受け継がれてからも、長く気持よく過ごされることでしょう。

お庭も見事ですね。
康次郎さんのお花作りにもますます精が出ることと思います。
北海道とは言え、夏は体力も消耗します。
どうかくれぐれも御身お大切にと祈っています。
 

由布さんへ

 投稿者:康次郎  投稿日:2017年 4月 9日(日)14時56分12秒
返信・引用
  こちらにまで立ち寄っていただいてありがとうございます。
嬉しいことにしばらくぶりのお客様でした。
嬉しい限りです。
ありがとうございました。
 

晴れの日

 投稿者:由布  投稿日:2017年 4月 9日(日)11時05分28秒
返信・引用
  mixiの日記からうかがいました。
北の大地にも春彩が見えて来る頃、
とても嬉しいお知らせをいただきました。
アクセス一万回達成、おめでとうございます。
新たな一歩へ、今後ともおすこやかに、
ますますご活躍下さいませ。
 

風さんへ

 投稿者:康次郎  投稿日:2014年 7月15日(火)15時33分26秒
返信・引用
  すいません、今頃気づきました。
わざわざ訪ねていただきありがとうございます。
またお尋ねくださいね。
 

こんばんは康次郎さん

 投稿者:  投稿日:2014年 4月 8日(火)19時21分12秒
返信・引用
  mixiの風です。
綺麗なホームページですね。
センスの良さが光っています。
また寄りますね♪

http://blog.goo.ne.jp/kaze-sss

 

イマさんへ

 投稿者:康次郎  投稿日:2014年 4月 8日(火)13時53分42秒
返信・引用
  こちらにメッセージを入れていただいてありがとうございます。
ここになかなかメッセージを残してくれる方がいないものですから、
非常にうれしいです(^^)/
ありがとうございます(^_^)
 

アルバム

 投稿者:イマ  投稿日:2014年 4月 8日(火)13時48分30秒
返信・引用
  良い写真が一杯で、(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)ウレシーーー!!です。
 

(無題)

 投稿者:康次郎  投稿日:2013年 9月18日(水)08時53分20秒
返信・引用
  何とか管理メニューに入ることができるようになりました。
ぜひお立ち寄りの際は、メッセージをお願いします。
 

(無題)

 投稿者:康次郎  投稿日:2013年 9月 7日(土)16時06分57秒
返信・引用
  管理画面が開けなくて悪戦苦闘です(>_<)  

困った!

 投稿者:康次郎  投稿日:2013年 8月28日(水)14時26分27秒
返信・引用
  投稿はできるんですが、管理ができなくなりました。
管理メニューに入ることができないんです。
さてどうすれば・・・
 

チカママさんへ

 投稿者:康次郎  投稿日:2012年 4月10日(火)06時21分16秒
返信・引用
  実は3月23日から埼玉の孫が来て、それ以降ず~と孫と一緒でした。
3月7日の中学の入学式に出席して孫の晴れ舞台?を見てきました。
まだ帰宅したばかりなんです。
北海道はまだ雪が融けていないところもありますが、幸いようやく苫小牧は・・・
東京では花が見れました。
コメントありがとうございます。
mixiもう少ししたら復活しますね。
 

こんばんわ

 投稿者:チカママ  投稿日:2012年 4月 9日(月)21時08分46秒
返信・引用
  ご無沙汰してます(^ー^)体調は、どうですか?大阪のお花見は、今週で終わりそうです。(((^^;)  

(無題)

 投稿者:康次郎  投稿日:2011年12月26日(月)06時49分32秒
返信・引用
  訪ねていただいてありがとうございます。
めったに訪問者がいないものですから・・・
嬉しかったです(*^。^*)
でも「迷路を楽しむような」が面白い表現に感じました(^_^.)
慣れないとどこをどうすれば何が見れるのか
見当が付かないかもしれませんね。
左のフレームでことが足りると思っていましたが、自己満足だったかもしれません(^_-)
あっちこっち彷徨いながら楽しんでいただいてよかったです(^_^.)
ところで、ゆうさんのアルバムにはたどり着けましたか。
ありがとうございました(^_^.)
 

ひと時の安らぎを

 投稿者:ゆう  投稿日:2011年12月25日(日)19時00分44秒
返信・引用
  時折、ふらっとお邪魔してます。
HPを作成して、それを維持し、更に充実させてゆくということは、
本当に大変な作業だと思います。
いつも前向きに、いろいろなチャレンジをなさっていて、
ここをお訪ねする度に、楽しく、時には迷路を楽しむような気分です。

花時計も可愛いですね。
花のように、やさしく、温かく、ステキな時が流れますように。

ちょっと元気がない時や、心淋しい時、
或は、静かに憩いたい時にも、
この豊潤なお部屋の扉をノックさせていただきます。
 

(無題)

 投稿者:康次郎  投稿日:2011年12月12日(月)09時29分21秒
返信・引用
  ヴォルフィーさんへ

わざわざこちらまで訪ねていただいてありがとうございます。
とてもうれしいです。
諏訪湖には行ったことはありますが、
機中から撮った写真ですので富士山は分かったんですが、
湖らしき映像はどこかなと思っていました。
偶然に撮った写真ですが、嬉しい写真になりました。
本当にありがとうございました。
 

富士山の写真

 投稿者:MIXIヴォルフィー  投稿日:2011年12月12日(月)08時58分53秒
返信・引用
  康次郎さん
mixiのヴォルフィーです。

この写真しか? no12 で写っている湖ですが、
北海道→名古屋、湖の大きさ、富士山との位置関係から
おそらく長野県の諏訪湖ではないかと推察します。

諏訪湖と富士山の取り合わせはなかなか見れない風景です。
よい写真をありがとうございました。
 

(無題)

 投稿者:康次郎  投稿日:2011年12月 3日(土)10時23分9秒
返信・引用
  まさか?
こちらにコメントがとびっくりしました。
ゆうさんに見ていただいただけで嬉しいのに
さらにコメントまでいただいて嬉しいです。
ゆうさんから時々見せていただいた写真を保存してある中から
集めたアルバムもGalleryあります。
そのうち第2週をとも考えています。
その折にはお知らせしますね。
ありがとうございました。
 

念願が叶いました♪

 投稿者:ゆう  投稿日:2011年12月 3日(土)09時16分32秒
返信・引用
  康次郎さま

教えていただいた通りにやってみましたら、
この素晴しい冬山の世界に入ることが出来ました。
息をのむような清冽で壮麗で広大な光景ですね。
康次郎さまのカメラを通して、私も未知の舞台に立てました。
臨場感溢れる迫真のお写真、
言葉など要らないような、胸深く感動を呼ぶ世界です。
 

青いミカンさんへ

 投稿者:康次郎  投稿日:2011年 7月29日(金)09時34分5秒
返信・引用
  朝の忙しいときに、訪ねていただいてありがとうございます。
ギャラリーは好きな写真を少しずつ積み重ねていきましたら、
いつの間にかたくさんたまりました。
函館は何度行ってもいいですね。
以前、紅葉が素晴らしい公園があると教えていただきましたが、
いまだに実現していません。
車を廃車にしましたので今度はバスか電車で出かけたいと思います。
見ていただいて本当にありがとうございます。
 

(無題)

 投稿者:青いみかん  投稿日:2011年 7月29日(金)09時01分47秒
返信・引用
  こんにちは^^
何度拝見しても、本当に充実のホームページだなぁ…と、素晴らしいです!
ブログももちろん楽しいのですが、ギャラリーの膨大なお写真を拝見してはいつもウットリです。
今日は、故郷の桜と夜景を懐かしく眺めてまいました。
ますますのご発展を(ご無理なさらない程度に^^)お祈りしています。
(*^_^*)
 

イマさんへ

 投稿者:康次郎  投稿日:2011年 7月29日(金)06時40分8秒
返信・引用
  コメントありがとうございます。
お手数かかけました。
暇な折、また訪ねてくださいね。
 

アクセス!!

 投稿者:イマメール  投稿日:2011年 7月28日(木)21時36分24秒
返信・引用
  康次郎さん、(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪
HPのアクセス3,000突破ヽ(〃^-^)/★*☆オメデトーございます。
いつも綺麗な写真を見せて貰ってありがとうございますm(._.*)mペコッ
 

青いみかんさんへ

 投稿者:康次郎  投稿日:2011年 1月25日(火)06時14分8秒
返信・引用
  写真を見ていただいてありがとうございます。
鶴居村のセンターの管理しているおばあさんとお話しによると
写真の撮影は冬が一番きれいに撮れると聞きました。
ぜひ冬に来なさいと言われましたが
冬道の怖さに未だに冬の撮影はしたことがありません。
この写真は2度目の撮影でしたが、かなりの望遠を使いました。
釧路湿原で家内と散策していましたら、すぐ目の前で親子ツルと遭遇しましたが
雄のツルに威嚇されました。
大きなツルに威嚇されると怖いものですね。
あまりの近さに呆然と見とれ写真も写せませんでした。
写真はとれませんでしたが、あの遭遇は神様がくれた思い出のような気がします。
 

(無題)

 投稿者:青いみかん  投稿日:2011年 1月24日(月)22時54分3秒
返信・引用
  「鶴が舞う」のお写真を拝見しにまいりました。
丹頂は美しいですね、つくづく。
こんなに大きく撮れるほど近くに寄れるのでしょうか?
それとも高倍率の望遠レンズですか?
機会を作って一度ぜひ見てみたいです。
 

ゆうさんへ

 投稿者:康次郎  投稿日:2010年12月21日(火)07時12分43秒
返信・引用
  訪ねていただいてコメントまで…ありがとうございます。
今回ギャラリーを見直してみますとずいぶん写真を撮ったものだと
我ながら感心しました。
その写真を載せたくて作り出したHPですが
今回少しですが手を入れて見ました。
たいした写真ではないですが、
見ていただいて旅を味わっていただいたなんて嬉しい言葉です。
思い出したらまた訪ねてくださいね。
 

レンタル掲示板
/4