新着順:6/2353 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

CLASS

 投稿者:4ケタ好き  投稿日:2017年10月 3日(火)23時19分12秒
  通報
  ロレックスは、労働者階級の時計とよく言われますが、王冠(クラウン)が直接、上流階級を意味するものではありません。

ロレックスはもともとイギリス発祥のブランドで、イギリスには明確な階級制度というものが存在します。かつては、アッパークラスにとっては、二針(秒針のない)の腕時計が最上とされ、秒針のついたものはミドル、ワーキングクラスのものとされる傾向がありました。
現行のラインナップを見ても、ロレックスに二針のモデルを見つけることは困難です。一方、パテックフィリップは、ゴールデンエリプスやワールドタイマー、ノーチラスの1st、レディースものには特に2針のものが見受けられます。

ですから、サラリーを得ている立場の人間が王冠のついたロレックスをはめること自体、特別恥ずかしいことではないように感じます。
パテックの二針をサラリーマンが身につけていることの方が、余程奇異だと言えます。

でも、日本は幸い階級社会ではありませんので、好きな腕時計を選べば良いのではないでしょうか。
 
》記事一覧表示

新着順:6/2353 《前のページ | 次のページ》
/2353