teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


霞ヶ丘グランド前の子どもたち

 投稿者:能登おじさん  投稿日:2016年 7月 3日(日)22時06分40秒
返信・引用
  旧姓のままよく覚えていましたね。大浦紀子さんと山岸忍さんは、おっしゃる通りきりん組でしたが、阿部篤子さんはぞう組、田中加奈子さんはらいおん組でした。4人の共通点は、団地のグランドの道を隔てた南側に住んでいたことです。多分グランドのバス停がいっしょの仲間だったのでしょう。一年間だけ「その」にいただけなのに、今につづく友だちがいるなんて、さすが「そのっ子」、素敵ですね。4人で集まるときがあったら呼んで下さい。会いたいです。
みんなが卒園した年の5月、そのは保育園の認可をとるという大方針を決めました。昨年ついに認定こども園という形で初心を貫きました。ほぼ40年かかって達成した新しい道です。機会があったら「その」へも遊びに来て下さい。今度住所も教えてくださいね。

http://sono.ed.jp

 
 

想い出いっぱいのこどもの園

 投稿者:大浦紀子  投稿日:2016年 6月30日(木)23時09分22秒
返信・引用
  今日はとっても久しぶりに幼稚園から小学校まで一緒だった幼なじみ、阿部篤子ちゃんと山岸忍ちゃんと集まりました。都合が悪く会えなかったのですが、田中加奈子ちゃんとも交流があります。私達は1970年生まれの霞ヶ丘団地に住むご近所さんでした。私を除く3人はプレ?から年中、年長と3年間、私は引っ越しをして年長の1年間だけお世話になりました。1年だけでしたが、こどもの園には沢山の想い出があります。今日も3人で園の話しで盛り上がりました。能登さん、当時は園長だったのですね。今日初めて聞きました(笑)いつも「能登さん!能登さん!」とみんなで呼んでいたので気が付きませんでした(^_^;)きりん組つかののりこ先生のもと、カエルやカエルのたまご、バッタをつかまえたりと毎日どろんこになって本当に楽しかったです。お味噌汁にして食べたナスはみんなで畑で作ったものでした。その時から今もナスは大好きな野菜の一つです。あの時代、バスで幼稚園に通うなんて画期的で珍しかったのではないでしょうか。毎日バスに乗るのが楽しみだったのを覚えています。今日はこどもの園の話をたくさんしたので、何気なくスマホで検索したらこちらにたどり着きました。能登さんがお元気そうでとても嬉しく思っています。園もとても人気がありそうですね。みんなにも知らせたいと思います。それと前の方の投稿のお返事の中に、五十周年の記念誌のことがありましたが、ぜひ見せていただければ嬉しく思います。実は今回幼なじみの私達が集まったのは、カナダ・バンクーバー在住の阿部篤子ちゃんが一時帰国したためでした。2週間の滞在予定です。日本にいる間に園の成長記を見せてあげられたらなぁと思い投稿しました。私達はみんな母となり、上は成人から下は幼稚園児まで幅広く子育て奮闘中です!  

遠い日の美しさよ

 投稿者:能登おじさん  投稿日:2016年 6月17日(金)20時51分44秒
返信・引用
  西沢環さん。45年ぶりの便りをありがとう。「その」のこともボクのこともよく憶えていてくださって、読みながら涙をこぼしました。とっても嬉しいです。
あなたは途中入園ではありません。昭和44年に2年保育で入園したとき、電々団地にすでに3年保育で通園中の友だちがいて、1年遅れて入園出来て嬉しかったのではないでしょうか。記録では、あなたは581人目の卒園でした。今年3月、第50回の卒園生は6600人を超えました。たくさんのお父さん、お母さん方と「その」を作ったとき、ボクは32歳でしたが、いまは84歳になりました。いつまで続くかわかりませんが、まだ元気で子どもたちと楽しく遊んでいます。
お父さんの博さんは亡くなられたのですね。ご愁傷様です。もう一度会ってみたい人の消息も知れず、過ぎてから不幸な知らせを聞くことの多いこの頃です。お母さんも「その」時代は活躍して下さった方です。お大事になさって下さい。
そんな中であなたのご結婚、本当におめでとうございます。お幸せを祈ります。
子どものそのは「幼保連携型認定こども園」となって、幼稚園と保育園の認可を受け、ますます豊かな保育を展開しています。先ごろ「子どものその」50年の歩みを1冊の本にまとめました。あなたの住所が分かれば贈りたいと思います。もし差し支えなければ、メールでお知らせください。アドレスは、usagi@sono.ed.jp です。ご連絡お待ちしております。
 

懐かしの子どもの園

 投稿者:  投稿日:2016年 5月31日(火)16時08分6秒
返信・引用
  45年前に卒園した者です。楽しかった園での毎日を、懐かしく思い出し、お便り致しました。
私は補欠だったのか、入園式からではなく、遅れて入園したように記憶しています。同じNTTの社宅の同級生と一緒に通園できることになったことが、とても嬉しかったです。二つ合わせて六角形になるテーブルや、六角形の教室、中庭にプールがあって、園庭には、ヤギとウサギもいて、毎日が本当に楽しかったです。体育館のトランポリンが大好きでした。
また、図書室には、沢山の本がありましたので、本を読む楽しさも教えて頂きました。
木切れで船を作ってプールで進水式をしましたね。そのお蔭で、私はIDYが大好きです。それから、能登先生が酋長さんになって、インディアンの扮装をしたこともありましたね。「子どもの園祭り」も良い思いでです。本当にお世話になりました。
能登先生、お元気でいらっしゃいますでしょうか。

私は52歳になりましたが、時々、園で経験した様々なことを思い出すと、とても温かい気持ちになります。
仕事を辞めて、父を看取り、母の介護に専念し、忍耐が続く切ない日々ですが、10年近く互いの親の介護を助け合ってきた人と、先日結婚いたしました。主人の母も私の母も人生の時間はそう長くはないでしょうし、私達夫婦の時間にも限りがあると思うと、お互いをより大切に思うようになりました。
私が園に通っている頃と変わらず、母の手はいつも優しく暖かく、私はその手を握る度に、園児だった頃のような純真で無垢な心になります。いつまでも、この心を忘れない人でありたいと思います。

子どもの園は、私の原点で、大切な思い出の場所です。
これからも、沢山の子供たちが、この園で元気にのびのびと過ごし、一生の宝となる素晴らしい経験に出会うことを祈っております。

能登先生、どうかいつまでもお元気でお過ごしください。




 

もかちゃん、おめでとうございます。

 投稿者:能登おじさん  投稿日:2016年 4月22日(金)23時08分15秒
返信・引用
  2001年なのはな組に入園、みつばち組、ぞう組と進んだ桃香ちゃんが、見事埼玉大学の関門を突破された由、頑張りましたね。おめでとうございます。一層の精進をお祈りします。  

たくましく育った卒園生近況

 投稿者:もかちち  投稿日:2016年 3月13日(日)22時35分46秒
返信・引用
  人見知りが案じられた2001年、そのの年少組に入園、2004年に卒園した我が娘は、その後も官の倉山などのお父さんとの山登りにも参加、体力と精神力が鍛えられました。高校受験でも決してあきらめない粘り強さを見せ、内申が全く足りない中、川越女子高校に当日試験で逆転合格。その後も優等生に囲まれるビリオタからスタートしてもめげずにこつこつ勉強した結果、センター試験で大化けしました。結果、予備校にも通わなかったのに、まさかの地元国立大学に今週現役合格を果たしました。(学部は違いますが深野園長の後輩誕生です。)どろんこ遊び、結構!そのの教育方針が間違ってないことを身をもって証明できました。  

レスありがとうございました

 投稿者:フリッパー  投稿日:2013年10月 1日(火)19時50分17秒
返信・引用
  ナツメの剪定をしたのは船のジャングルジムの制作の合間に他の木の移植もしましたよね。その頃です。
能登さんが汗だくで木登りしてるから怪我でもされてはいけないと思ったものですから。
毎年我が家の木の剪定をしてますからあの程度の木登りならおまかせ下さい。
と言いつつ高所恐怖症であまり高い所は苦手ですが・・・。
因みに遊園地で一番嫌いな乗り物は観覧車です(笑)

頭を使う事は苦手ですが、肉体労働なら人並み以上かなあ?
当時大勢でワイワイ言いながらやってたのが、今も楽しい思い出です。
 

こちらこそご無沙汰しています

 投稿者:能登おじさん  投稿日:2013年 9月15日(日)15時41分19秒
返信・引用
  フリッパーさん。お元気そうで何よりです。
宮崎駿さんの「風立ちぬ」を嵐が来るという雨の中を見てきました。私の感想はイマイチです。「風の中のナウシカ」の時代の作品のほうが社会に提起するものが大きく独創的で、深く心をうたれたと思います。
それにしても「思い出ぽろぽろ」が好きなんて話をしましたか? ボクは全然覚えていません。すみません。
庭のナツメを木に登って採っていただいたのを、何の作業をしていたのか、地下タビ姿のフリッパーさんの様子が目に浮かびます。2日まえ、ナツメの実をざるいっぱい収穫しましたが、今年は遅かったのか虫が入ったのがあまりに多くて、食用には出来ませんでした。
来年1月にまた古い仲間の飲み会がMさんから連絡が行くと思います。今度はぜひ来てください。お逢いできるのを楽しみにしています。
 

お久しぶりです

 投稿者:フリッパー  投稿日:2013年 9月 9日(月)21時34分17秒
返信・引用
  能登さんお久しぶりです。
下の子が卒園してもう9年になります。
来年は上の子が大学又は就職、下の子は高校生になります。

宮崎駿さんの引退会見を見て思い浮かべたのが能登さんの事でした。

以前からお二人に共通するものを感じていたからなのかもしれません。

以前ジブリ作品で「おもいでぽろぽろ」が好きだと言っていたのを覚えています。

あの映画のテーマ曲、都はるみさんの歌う「愛は花、君はその種子」を聴いていると能登さんは愛に満ちている方なんだろうなと思います。

私は「紅の豚」の曲で加藤登紀子さんの歌う「時には昔の話を」を聴くと当時の理事達と飲んでみたくなります。

時々飲み会の案内を頂きますが、なかなか行けなくて申し訳ないんですけどね。

いつかまた皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

話が上手にまとまりませんが、能登さんもお元気で。





 

いつでもどうぞ。

 投稿者:能登おじさん  投稿日:2013年 7月15日(月)10時35分54秒
返信・引用
  奈緒子さん、お便りありがとうございます。返事が遅くなったすみません。
奈緒子さんという卒園生は何人かいましたが、40数年前ということになると、思い出せなくてごめんなさい。
今年園児募集で1990年の卒園生がお母さんになって申し込みに来られました。23年前の卒園生ですね。やはり40数年前とは遠いむかしのような気がします。
卒園生はいつでも訪問大歓迎です。出来れば私もお会いしたいので、いらっしゃる日時が決まりましたら、電話かメールでご一報下さい。なるべくやりくりして「その」にいるようにします。
7月20日(土)は午後4時半から「夏まつり」です。そのときはたくさんの卒園生が来てくださいます。そのときは人が大勢なので、どうぞ探して能登に声をかけてくださいね。お待ちしています。
 

レンタル掲示板
/9