teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


簡易チューナー給付支援

 投稿者:ドレミ  投稿日:2009年 9月25日(金)09時40分49秒
返信・引用
  総務省は10月1日より経済的な理由で地上デジタル放送がまだ受信できない世帯への簡易チューナー給付支援の受付を行う。
受付は「総務省 地デジチューナー支援実施センター」が対応するが、同センターは株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー(NTT−ME)が運営する。

給付支援は、経済的に困窮度の高い世帯に対して、地上デジタル放送を視聴するための「簡易チューナー」を無償給付するもので、生活保護世帯や社会福祉事業施設の入所者などで、NHKの放送受信料が全額免除となっている世帯が該当となる。
アンテナの工事が必要な場合の工事の実施についても無償になっているが、テレビの費用は含まれていない。また、支援は現物給付のため、自身で購入したチューナー、アンテナなどの清算はできないため注意が必要。
総務省では支援に先立ち、9月15日(火)から問い合わせ窓口および専用サイトを開設している。

【地上デジタル放送受信機器購入等支援概要】
・支援申込みの受付期間
  2009年10月1日(木)〜2009年12月28日(月)(消印有効)
・支援の対象者
  以下のいずれかに該当し、NHKの放送受信料が全額免除となっている世帯
  (1) 生活保護などの公的扶助を受けている世帯
  (2) 障害者がいる世帯で、かつ世帯全員が市町村民税非課税の措置を受けている世帯
  (3) 社会福祉事業施設の入所者

・支援の申込先
   「総務省 地デジチューナー支援実施センター」
・支援の内容
  (1) 簡易なチューナーの無償給付
  (2) アンテナ工事などが必要な場合、無償による工事などの実施

■問い合わせ
総務省 地デジチューナー支援実施センター
電話:0570-033840
FAX:044-966-8719
※上記の電話番号が利用できない場合は:044-969-5425
(平日9:00〜21:00、土・日・祝日9:00〜18:00)
 
 

(無題)

 投稿者:りんご  投稿日:2009年 7月12日(日)11時30分37秒
返信・引用
  厚生労働省の統計で、平成20年の要支援・要介護者の総数は約464万人。
21年2月末で介護福祉士の登録者数は約73万人。
 

(無題)

 投稿者:りんご  投稿日:2009年 6月21日(日)09時29分3秒
返信・引用
  肝炎インターフェロン治療費助成、受給者伸びず条件変更
 昨年4月から始まったウイルス性肝炎患者に対するインターフェロン治療費助成の受給者が伸び悩んでいる。

 厚生労働省が今月まとめた昨年分(4~12月)の受給者数は約3万5000人で、年間目標の10万人を大きく下回ると見られる。制度の使いにくさが指摘され、今年度からは、受給条件に一部変更された点もある。厚労省は「制度や治療についてもっと知ってもらう必要があるので、広報活動を充実させたい」としている。

 インターフェロン治療は、特にC型肝炎の治療に有効とされ、B型肝炎治療に使われることもある。ペグインターフェロンと抗ウイルス薬のリバビリンを併用して48週投与するのが基本。患者の月々の負担は7万~8万円になる。

 制度は、患者負担を軽減しようと導入され、所得に応じ3段階の自己負担限度額が設定され、残りを国と自治体が折半する。申し込みは、必要書類を用意し、保健所に提出。都道府県の審査を経て受給が決まる。

 この治療を必要とする患者は約70万人と推計されており、年間10万人に治療を受けてもらうことを目標にしていた。ところが、厚労省の集計によると、昨年中の全国の受給者は計3万5734人。

 伸び悩みの背景には、制度の不備が指摘されていた。一つは、投与期間は状況により72週に延長されることも多いのに、1年過ぎると助成が打ち切られる点。もう一つは、助成額が世帯の所得の合算で決まるため、収入のある子と同居している親などが、本人自身の所得は少ないのに助成額が低くなり、受給をためらう要因になっている点だ。

 そこで、今年度からは、〈1〉医師に72週の投与が必要と認められた人は助成期間を延長する〈2〉自己負担額を決める所得は、同一世帯でも、扶養関係にない場合は例外的に本人の所得を基にすることも認める――の2点が変更された。

 治療に踏み切れないのは、別の要因もある。厚労省研究班が昨年10~12月に行った患者調査では、治療に踏み切れない理由は、「忙しく、入院や通院ができない」が35%と最も多く、49歳以下に絞ると68%を占めていた。

 薬害肝炎原告団や患者団体は「発熱やだるさなど副作用が強いため、治療中は仕事を休みがちになり、中にはやめざるをえない人もおり、忙しい人は治療をためらってしまう。安心して治療できる生活支援策も必要」としている。

受給申し込み必要書類
 〈1〉都道府県が発行する受給者証交付申請書

 〈2〉医師の診断書

 〈3〉患者の氏名が記載された被保険者証の写し

 〈4〉世帯全員の記載がある住民票の写し

 〈5〉市町村民税課税年額を証明する書類
 

(無題)

 投稿者:りんご  投稿日:2009年 6月10日(水)09時21分43秒
返信・引用
  株式会社インターワークス(本社:東京都港区、代表取締役:岡田稔)は6月5日、関東エリアにおける09年4月度の医療介護系派遣の平均時給・平均月給を発表した。同社は、医療・介護に特化した求人サイトを運営しており、サイトに掲載している約70社のデータを基に職種別平均時給・平均月給の分析を行った。

データによると、介護職の平均月給は、介護職・ヘルパーが188,576円、ケアマネジャーが232,678円。他に介護福祉士191,037円、サービス提供責任者230,952円。医療職系では保健師320,500円、看護師265,023円、准看護師260,874円などとなっている。

平均時給については、介護職・ヘルパーが1,148円、ケアマネジャーは1,663円、介護福祉士1,239円、サービス提供責任者1,400円。医療職系では保健師2,100円、看護師1,777円、准看護師1,682円などとなっている。

同社の分析では、4月度の求人は「看護師」が一番多く、「介護・ヘルパー職」も微増。全体でも求人数は微増しているという。また、平均月給では「看護師」が6,664円のマイナス、「介護・ヘルパー職」では6,012円プラスとなった。
 

(無題)

 投稿者:ヘルパー介護福祉  投稿日:2009年 5月20日(水)09時48分39秒
返信・引用
  シーメンス ヒヤリング インスツルメンツ株式会社(通称:シーメンス補聴器)は、新タイプの耳穴型補聴器「デジミミ2」と「NITRO(ニトロ)」のカナルタイプ(CT)を5月11日に発売した。

デジミミ2は、同社が提携するドイツのハンザトーン社シリーズの補聴器で軽度~中等度難聴者向け。約4万円という安価な価格帯では初のダブルチップを採用し、二重構造によって音漏れをしっかり防ぎ、ハウリング(ピーピー音)を起こしにくくした。自然な音質にもこだわり従来の耳穴補聴器よりもソフトな音質で普通の会話音が聞き取りやすいよう工夫した。

【デジミミ2概要】
色:ベージュ
サイズ:11×14×22mm(縦×横×高さ)
重さ:約0.9g(本体のみ)
価格:39,800円
 

障害者と介護者の割引発表

 投稿者:ヘルパー介護福祉  投稿日:2009年 5月12日(火)09時28分27秒
返信・引用
  スカイマーク、羽田-福岡など6路線、


スカイマークは4月30日、7月1~16日搭乗分の各種運賃を発表した。

「身体障害者割引運賃」は、羽田-福岡線が12,000円、羽田-札幌線が12,000円、羽田-旭川線が12,000円、羽田-神戸線が7,000円、羽田-那覇線が13,500円、福岡-那覇線が11,000円。

発売開始は搭乗日の2カ月前同日の9:30。割引の対象となるのは、身体障害者(第1種・第2種)、戦傷病者手帳や療育手帳に「航空割引」の証明印が捺印されている人と、一部の介護者。航空券の購入時と搭乗手続き時に、該当する手帳の提示が必要となる。
 

(無題)

 投稿者:ヘルパー介護福祉  投稿日:2009年 4月27日(月)09時14分51秒
返信・引用
  2009年2月の関東エリアの医療・介護職の職種別平均時給・平均月給を発表した。

データによると、介護職の平均月給は、介護職・ヘルパーが196,505円、ケアマネジャーが225.156円。他に介護福祉士195,400円、サービス提供責任者211,429円、福祉用具専門相談員195,000円。医療職系では保健師317,000円、看護師264,573円、准看護師254,861円などとなっている。

一方、平均時給は介護職・ヘルパーが1,135円、ケアマネジャーは1,692円、介護福祉士1,195円、サービス提供責任者1,400円。医療職系では保健師1,950円、看護師1,721円、准看護師1,700円などとなっている。
 

(無題)

 投稿者:ヘルパー介護福祉  投稿日:2009年 4月 5日(日)09時09分43秒
返信・引用
  ネット利用者9000万人超…ブロードバンド利用73%

 日本のインターネット利用者数(推計値)が初めて9000万人を超え、4人に3人まで普及が進んでいることが4日、総務省が今年1月に実施した通信利用動向調査(2008年末時点が調査対象)でわかった。

 総務省によると、08年末のネット利用者数(6歳以上)は前年比280万人増の9091万人。総人口(同)に占める利用者の割合も2・3ポイント上昇して75・3%。利用端末別(複数回答)では、パソコンからの利用は8255万人と最多で、携帯電話などによる利用が7506万人、ゲーム機やテレビなどからの利用者も567万人に達した。

 自宅でパソコンから利用している世帯を対象とした調査では、ブロードバンド(高速大容量通信)回線を利用している割合は前年比5・8ポイント増の73・4%に達した。ブロードバンド回線の利用者のうち光回線での利用は53・1%に達した。ただ、日本のネットの利用者数は07年末時点で、米国、中国に次いで3位。08年末時点の各国の最新の統計は出そろっていないが、総務省によると日本は3位か4位程度で、ネットの普及率は10位前後とみられる。
 

(無題)

 投稿者:ヘルパー介護福祉  投稿日:2009年 4月 3日(金)08時57分39秒
返信・引用
  より安全なヒトiPS細胞  ウイルス使わず作製
 人体のさまざまな組織に成長できる新型万能細胞「iPS細胞」を、ウイルスを使わずに皮膚から従来より安全につくる手法を、英エディンバラ大の梶圭介博士とカナダ・トロント大などのチームが開発し、英科学誌ネイチャー(電子版)に1日付で発表した。

 ウイルスなしでヒトのiPS細胞ができたのは初という。マウスの実験で、細胞作製のために組み込んだ4つの遺伝子を後から取り除くことにも成功した。

 ウイルスや外来の遺伝子は、いずれもがん化を促すなどの危険性が指摘されており、安全面で重要な成果。チームは「創薬研究や将来の再生医療に理想的な手法になる」としている。

 梶博士らは、iPS細胞づくりに使う4遺伝子を「プラスミド」と呼ばれる小さな環状遺伝子にまとめて入れ、皮膚細胞に組み込んだ。

 当初開発した方法では、組み込んだ遺伝子は除去できたが、悪影響を与える恐れがある痕跡がわずかに残っていた。カナダチームが独自に工夫した技術を組み合わせると、4遺伝子を痕跡もなく取り除くことができた。
 

本日の福祉のお知らせ

 投稿者:ヘルパー介護福祉  投稿日:2009年 3月30日(月)09時17分2秒
返信・引用
  経済産業省は、人手不足の介護・福祉の現場で役立つロボットの実用化に向けた支援策に乗り出す。

 介護が必要な人が指示すればモノを運んで来るタイプや、人の移動を助ける車いすタイプなどを集中的に支援する。補助金制度を創設するほか、ロボットの安全性や衛生面の基準作り、ロボットが公共地域などで動くための法整備も検討する。

 日本は工場などで稼働する産業用ロボットでは世界市場の7割のシェア(市場占有率)を持ち、国内の市場規模は7000億円に成長しているが、介護・福祉用はメーカーや大学の開発段階にとどまる。

 経産省は介護・福祉用ロボットが普及すれば、産業用を合わせたロボット産業の国内市場規模が2025年には6兆2000億円に拡大すると見込んでおり、補助金制度などを活用しメーカーに介護・福祉分野への技術移転を促す考えだ。
 

レンタル掲示板
/7